キレイでいる為にダイエットをする人に心掛ける事

Written by  on 7月 31, 2015

空腹をごまかしながら軽く食事制限

ダイエットというとどうしても食生活の見直しが必要になってきます。食事を一気にへらせばもちろん簡単にやせられるわけですが、今まで普通に食べていたものや、好きな食べ物をいきなり断つのはそう容易なことではありません。少しずつ少しずつ減らしていってもお腹がなってしまったり、お腹がえぐられるような空腹感を感じてしまうこともあるとおもいます。そんな時には無糖の炭酸水がおすすめです。炭酸水はお腹をふくらませ血行をよくし、また、気分をリフレッシュさせてくれる効果があります。お腹がすいたらまずは炭酸水をコップいっぱいのんでみましょう。それだけでお腹がすいていたこと忘れてしまうかもしれません。また、ご飯を食べる前や食べている時に炭酸水を飲むのも良いです。あらかじめある程度お腹をふくらませることによって食べすぎを、カロリーの摂取しすぎを防ぐことができます。おいしいものが出されると人間は本当に体が欲している以上の量をたべてしまいがちなのですが、炭酸水があればある程度の空腹感を満たし、満腹中枢を刺激してくれるので大丈夫です。一日に平均して2リットルほどのむとよいでしょう。

毎日体重計に乗る

ダイエットは体重計にのることから始まります。ダイエット中は毎日のっていたけれど、最近のってないや、と言う人は要注意です。体重計はダイエット中だけではなく、日ごろから毎日のるべきなのです。体重の変化のしかたから、生活習慣の乱れがみえてくることもありますし、体重計に毎日乗っていると食べすぎたかな?まぁいっか?そのうちやせるでしょう、と思ってしまいがちな贅肉のもととなる甘えを取り除くことができるのです。そして普段から自分の体はもちろん食事に気を使い、運動をできるだけして健康的で理想的な体でいようと自分で努力するように自然となります。あまやかすのは簡単ですが、毎日体重計にのっているだけで太りにくい体系、メンタルを手に入れることができるのですが絶対に毎日はかるようにしましょう。

良質の油、良質のたんぱく質をとり、甘いものや糖質を多く含むものを避ける

今流行の糖質制限ダイエット。無理せずに食事の内容をかえるだけで健康的な体をてにいれようというのが糖質制限ダイエットです。糖質を多く含むものは根菜、果物、お菓子などの甘いもの、炭水化物全般があげられあます。これらは体の中で分解するのに時間がかかり、糖質の摂取がたかなると糖尿病や血栓の病気などの原因となる場合もあるのできをつけなくてはいけません。代わりに良質の動物性たんぱく質、植物性たんぱく質を多くとるようにすると良いでしょう。筋肉つくるのにはたんぱく質は大変重要な役割をはたしますので、ぜひとも良質のお肉を購入したいものです。また油は太るというイメージですが、毎日1回スプーン1杯ほど飲むとお腹の調子もよくなり、便を出しやすくなるので便秘がちでなかなか体重がへっていかないとお悩みの女性には非常におすすめです。

一日1回、10分間ほどの縄跳び

ダイエットというと運動、ダイエット中の運動と言えば筋トレとランニングが良く知られていますが、普段から良く動いている人であれば問題ありませんが、ランニングは足も呼吸器もか負担がかかります。また、一日座り仕事でもむくんでしまうひともかなりいるとおもいます。パンパンにはってしまった足ではしりまわるのはとてもアブないです。そういう人におすすめなのが縄跳びです。縄跳びは有酸素運動であり、10分くらいの練習であれば息があがりません。足の筋肉をきたえすぎないので、鍛えた後の筋肉も女性らしい筋肉になり、とても美しいです。